妊娠したら葉酸をいつから飲むか

妊娠したら葉酸をいつから飲むかというのは、初産の人にとっては、結構大事な問題ですよね。私も初産の頃は、全然出産の知識がないし、ましてや葉酸なんて成分が必要になると知りませんでした。産院のポスターを見ていても、厚生労働省は1日に必要な葉酸量は書いてあっても、詳しい時期についてはあんまり書いていないこともありました。

 

『妊娠初期』って、範囲が広すぎて、わからないんですよね。もっと葉酸をいつから飲むのか、具体的な日数で書いて欲しいなって思いました。私が見たポスターがたまたま具体的な期間を書いていなかっただけなのかもしれませんが。待合室でよく見ていたけど、葉酸の摂取期間は、ざっくりと妊娠初期程度しか書かれていなかったので、よくわかりませんでした。妊娠3週でも、妊娠12週でも妊娠初期だけど、かなり差がありますよね。

 

でも、葉酸は妊娠中に飲めば、妊婦の貧血予防にもなるので、結局は飲み続けたほうが良いんだろうなって思います。私はあんまり貧血タイプではなかったのですが、友達とかは葉酸を飲むことでかなり予防になったそうです。採血とかの検査も多いので、そのたびにクラクラしている人とか、必ずいますので要注意ですね。

 

厚生労働省もススメている葉酸とは?

やはり葉酸サプリメントを摂取するのであれば厚生労働省が勧めている1日に400μgまでという数値は守るべきです。葉酸サプリメントの恩恵が受けられるのは厚生労働省が指定する摂取量を守った場合であり、過剰摂取などをした場合は、恩恵どころか、害を及ぼす可能性がありますので危険です。

 

サプリメントは飲みすぎて痒みが酷く出ることもありますので、過剰摂取は厳禁です。私は一回、葉酸ではありませんでしたが、サプリメントの飲み過ぎをしてしまい、全身に蕁麻疹が出てしまったことがありました。蕁麻疹って、それまでは経験がなかったのですが、かなりきつい症状なんですよね。

 

乾燥してくると、体中が痒くなってしまって、眠れなくなってしまいます。そのため、保湿をしたりするのですが、それがまた蕁麻疹に反応して、余計に痒くなることもあります。そのため蕁麻疹が酷くなってしまった時には、出来るだけクール作用があるボディローションを塗るようにしました。そうすると、体のかゆみがかなり改善されますね。

 

しっとりタイプのローションだと、蕁麻疹が悪化することもありますので私は合いませんでした。そうしても気になる人は、蕁麻疹になってしまったら、やっぱり一度皮膚科に行くのもお勧めです。

 

美容成分が配合された葉酸サプリは女性に嬉しい!

葉酸サプリのお勧めまとめサイトを見て、私は葉酸サプリを切り替えたことがあります。最初は「葉酸サプリメントに美容成分なんて要らん!」と思っていたけど。髪も肌にボロボロになっていき、シミも目立つようになったり、妊娠中って体や肌の調子がかなり悪くなるものなんですね。

 

結局、葉酸サプリのお勧めまとめサイトで紹介されている美容成分の入った葉酸を買っておけば良かったな~って思いました。だって、妊娠中って、本当に肌荒れがひどかったですからね。産後にようやく、肌荒れが落ち着きましたが、それでも育児で、肌の疲れがなかなか取れなかったのを覚えています。やっぱり肌って、その人の今の生活を映しているんだな~って思いました。

 

ゆとりがある生活をしている人は、やっぱりそれだけお手入れに賭ける時間もありますし。何よりもストレスがないので、肌荒れもないですよね。でも、余裕がない生活をしていると、やっぱり吹き出物が出て来たり、ストレスに負けてニキビなんかがなかなか治らなくなってしまいます。

 

妊娠中も、乾燥しているのに、なぜか吹き出物が出来てしまったり。肌のガサガサが治らないことも多かったです。やっぱり妊娠中に肌を綺麗に保つには、サプリメントを飲んでいた方が良いと思います。

更新履歴