葉酸サプリ活用のメリット

妊娠した場合、積極的に葉酸サプリを摂取することが適しています。

 

その理由は、赤ちゃんを先天性の障害から守ってあげるためです。

 

特に、妊娠の初期段階に摂取することが大切であるということを頭に入れておきましょう。

 

葉酸サプリを服用すると、神経に障害が発生してしまうリスクがおよそ50%から70%減ります。

 

こうしたことから妊娠の初期段階に葉酸サプリを摂取した方が良いとされています。

 

しかし、染色体異常のリスクを減らす効果はないため、ダウン症などを予防するということには繋がりません。

 

そして、貧血の予防にも効果があります。

 

女性は、貧血の症状に悩む機会が多いという特徴があります。

 

特に、妊娠中の場合は胎児に対しても多くの栄養素が供給されるためより一層貧血に陥りやすいと言えます。

 

要因は、鉄分が不足していることや体力が不足していることなど様々ですが葉酸サプリには貧血の症状も予防してくれます。

 

葉酸サプリは、赤血球を作り出すことをサポートする作用があります。

 

そのため、貧血が起こりやすい方は食事とともに葉酸を取り入れることで貧血を予防することができます。

 

また、他の栄養素もバランス良く摂取することでさらに効果的になるというメリットも覚えておきましょう。

関連ページ

子宮内膜症