エーエフシー葉酸と飲酒

お酒を飲むと、体のエネルギーロスが起こす可能性があります。
妊娠中のお酒は良くないと言われているのですが、妊娠前にもお酒の飲み過ぎには注意しなければなりません。

 

アルコールの摂取量が上昇すると妊娠しづらくなりますし、妊娠しないまま年齢を重ねるとさらに妊娠しづらくなってしまいます。
お酒に含まれているアルコールというのは体内に入ると肝臓で解毒処理されます。

 

つまり、アルコール摂取することによって体がしなければならない仕事が増えてしまうのです。
年齢が上がるとお酒を飲むことで妊娠しづらくなりますので年齢を重ねるとアルコールの解毒処理能力が下がってしまいます。

 

つまり、過剰にお酒を飲むと卵子、精子を作り出す上で必要なエネルギーが不足してしまいます。

 

ただ適度な飲酒というのはストレス、息抜きに良いという意見もありますので、必ずダメというのではありません。

 

妊活中のお酒は週に1回から2回楽しむ程度であれば問題ありません。
お酒はどのくらいの量なら良い、悪いというのははっきりとは申し上げられません。

 

しかし、それでもエーエフシー葉酸を摂取するなどして、体に必要な栄養分をしっかりと補給するようにしましょう。
是非葉酸を摂取してみてくださいね。